佐川急便で沖縄へ荷物を送る方法・料金が分からない??

品川ふ頭 佐川急便

佐川急便で沖縄への発送方法は2つです

 

佐川急便使用して沖縄に荷物送って失敗した人結構いるはずですよね。

そりゃー高いですよね。

佐川急便って普通の陸送便と航空便分けて料金体系作ってますからね。

佐川急便のホームページで沖縄行きの料金調べて、、、ふざけるな、になるのは普通だと思いますよ。飛脚航空便料金が高すぎです。

でも、佐川急便の沖縄行きは飛脚航空便と飛脚宅配便(ラージも含む)の2択です。

 

ここでは関東~沖縄で話を進めさせていただきます。

1.飛脚航空便で沖縄へ発送!

料金が高い佐川急便の飛脚航空便を利用しての沖縄便ですが、探せば利点がないわけではありません。

最大の利点は、最大260サイズ迄の荷物を日本全国どこからでも沖縄に翌日届けることができるということです。

飛脚航空便は3種類あります。

  • 飛脚航空便(翌日指定便)
  • 飛脚航空便翌日AM指定便
  • 飛脚ジャストタイム便(時間指定便)
    時間帯指定サービスではなく、時間指定サービスです。

ただし、翌日指定便以外は空港に近い営業所に、午前中に持込めれば可能です。

ジャストタイム便を併用しての翌日9:00着も可能な地域が多少はあります。

これに関しては最寄りの営業所に要確認です。

ただし、天候に左右されます。飛行機が離陸できないとOUTです。

 
飛脚航空便
飛脚航空便

翌日AM着
ジャストタイム便
60サイズ
1880
2134
2160
80サイズ
3456
3710
3737
100サイズ
4601
4855
4882
140サイズ
7442
7696
7722
160サイズ
10368
10622
10649
170サイズ
15120
15374
15401
180サイズ
17496
17750
17777
200サイズ
22248
22502
22529
220サイズ
27000
27254
27281
240サイズ
36504
36758
36785
260サイズ
46008
46262
46289

 

2.1飛脚宅配便で沖縄へ発送!?

えぇって思われる方も多いかと思います。

航空機使用しないでどうやって沖縄まで輸送するの??

陸・海・空です。

空が駄目なら海です。

海上交通があります。

佐川急便の中継料金って聞いたことありませんか。

 

沖縄本島までの中継料は、

  • 10kg迄 1512円
  • 20kg迄 1836円
  • 30kg迄 2160円
  • 50kg迄 2808円

上記の金額になります。

関東~沖縄100サイズの荷物の場合、鹿児島までの料金プラス中継料金になります。

鹿児島までの100サイズ料金1793円+中継料金1512円=3305円です。

下の表は飛脚宅配便+中継料と飛脚航空便の比較です。

サイズ
中継料金
鹿児島迄料金
合計金額
飛脚航空便
60
10kg迄 1512円
1188円
2700円
1880円
80
10kg迄 1512円
1458円
2970円
3456円
100
10kg迄 1512円
1793円
3305円
4601円
140
20kg迄 1836円
2247円
4083円
7442円
160
30㎏迄 2160円
2463円
4623円
10368円
170
50kg迄 2808円
3888円
6696円
15120円
180
50kg迄 2808円
4320円
7128円
17496円
200
50kg迄 2808円
5400円
8208円
22248円
220
50kg迄 2808円
6426円
9234円
27000円
240
50kg迄 2808円
8532円
11340円
36504円
260
50kg迄 2808円
10638円
13446円
46008円

どちらにしても安くないですね。

2.2関東~沖縄の日数は?

所要日数の定義は4日になっています。

思ったよりは早いと思います。

ただし天候次第です。

クール便の取扱いは無理だと思います。輸送中に保管期間が切れてしまう!!

 

3.沖縄県へと沖縄本島へを一緒にしないでくださいね

勘違いされると困るのですが、いままで書いてきたことは、あくまでも沖縄本島に送った場合です。飛脚宅配便にしても飛脚航空便にしても配達する島が違うと中継料金が変わります。

石垣島に発送となると違う中継料金表が必要になります。

沖縄にはたくさんの島があります。

同一市町村でも違う島に分かれていたら、違う中継料金です。これ非常に重要です。

 

まとめ

  • この記事は関東~沖縄本島限定です。他の島では別料金です。
  • 輸送方法は2種類あります。
  • 飛脚航空便を利用すれば、翌日着が可能です。
  • 大きさも260サイズまで用意されています。
  • 中継料というものが存在する。

普段使用するには宅急便・ゆうパックの方が便利ですかね。

急を要するものや、北海道の朝どれ海鮮物を翌朝沖縄に、とかの場合には重宝しそうです。

 

誰かの役に立てますように!!以上です。

 

2018.3改訂版 宅配便料金比較表 全国編
宅配便は荷物を出荷する地域によって料金が変わります。 北海道・北東北・南東北・関東・北陸・信越・東海・関西・中国・四国・北九州・南九州・沖縄の計13地域全ての地域から発送した場合の新料金比較をまとめた全国版です。 ヤマト運輸の給料未...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました