2018宅配便料金比較 南東北編

宅配便アイキャッチャー宅配便

このページは南東北(宮城県、山形県、福島県)からの出荷用です。

東北地域で言えばゆうパックの一人勝ちですね。東北全域同料金です。

 

 

3 社の料金表比較を載せておきます。必要ならご使用ください。

2018年1月度での料金をUPしておきます。

 

大和運輸

宅配最大手です。「宅急便」は、ヤマト運輸の登録商標です。セロハンテープを「セロテープ」とか、バンドエードを「バンソコ」とかと一緒です。僕も配達に伺うとよく聞かれます「宅急便ですか」 これ本当に困るんですよね。。取り合えず会社名を連呼しますけどね。

それだけですごい会社です。

ここがすべてのベーシックです。

 

宅急便センター・取扱店・コンビニエンスストアへの持込で荷物一個につき100円値引き。

クロネコメンバーズ方は直営店に持込で、さらに50円をお値引きいたします。

 

佐川急便

商業貨物を得意とする。大物貨物や大量ロットの荷物の運用はここで決まりです。

2017年12月13日、遂に上場を果たす。これで資金繰りにも余裕が出て、来年が楽しみです。

ヤマト運輸が全サイズ値上げしたのに対して、60サイズと80サイズを据え置きにしてます。

他社では取扱えない260サイズまでの荷物を普通に集荷していく。時間帯指定もOKです。

ただし、120サイズが無いので注意です。

 

各営業所、取次店に持込むと100円値引きです。

同一荷送人から1回に出荷される個数がまとまった場合、11個~50個で10%割引き。51個~100個で15%割引。101個~500個で20%割引。501個以上で30%割引。

 

郵便局

その強みは、全ての市町村に営業所が在ること。

170サイズもOKです。

あまり知られてないと思いますが、、、、、クール便=宅急便は120サイズ15kg迄。飛脚は140サイズ20㎏迄。ゆうパックは150サイズ30㎏迄となります。ただゆうパックって軽自動車しか見たことないけど?

3社の中で東北を南北分けしてなのはゆうパックだけです。ただね、沖縄行きの運賃が青森と福島で同じはいかがなもんでしょうね。安いに越したことはないと自分も思います。ただ、郵政ももう国の機関ではなく一個の法人ですよ。大株主は未だ日本国政府ですけども!どんぶり勘定で利益出せるんでしょうかね。

宅配便依存の経済成長は今後も続くはずです。短期的に見れば安いのはOKです。でもね、三強時代ではなく、二強時代になって困るのは最終消費者です。

2018春の運賃改定に期待します。

ヤマトは100サイズの高利益帯の荷物を集めたい感じですね。佐川は得意の大物貨物運賃を大幅UPしてそちらでの利益を欲してる感じです。

郵便局に持込で120円割引。同一宛60円割引。複数口60円割引。

 

クール便

クール便を利用する場合は、上記の普通便料金ににクール料金を足した金額になります。

宅急便=60サイズ216円。80サイズ216円。100サイズ324円。120サイズ648円

飛脚便=60サイズ270円。80サイズ324円。100サイズ432円。140サイズ702円

ゆうパック=60サイズ220円。80サイズ350円。100サイズ660円。120サイズ660円。140サイズ1300円。150サイズ2060円。

 

 

 

再配達問題

再配達問題がクローズアップされています。

時間帯指定サービスを上手に利用しましょう。

宅配便3社の配達時間帯指定の比較をしてみました
宅配便3社ともに、無料で提供されている時間帯指定サービスが有ります。 名前は同じですが、3社とも微妙に違ったサービスです。 ここではそれらを比較・検証してみたいと思います。 追記=2018年3月のゆうパックの時間帯サービス変更分に書き...

 

機動力のある、または営業所が近い受取人さんは営業所留め置きサービスを活用してはいかがでしょうか。何時に配達に来るのか分からなくてイライラしてるならば、自分で受取りに行くのが一番早いです。

 

20183月改訂版を作りました。

2018.3改訂版 宅配便料金比較表 全国編
宅配便は荷物を出荷する地域によって料金が変わります。 北海道・北東北・南東北・関東・北陸・信越・東海・関西・中国・四国・北九州・南九州・沖縄の計13地域全ての地域から発送した場合の新料金比較をまとめた全国版です。 ヤマト運輸の給料未...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました