宅配便で航空機を利用の場合に禁止されてるもの

空港 宅配便

 

宅急便、ゆうパックでは沖縄県や離島・遠距離の輸送には航空機が使われております。佐川急便は陸送です。飛脚宅配便とは別に飛脚航空便というサービスはあります。

航空機を使用しての輸送になるので、航空法で禁止されている物は輸送できません。

 

航空機で輸送が禁止されている物

宅配会社が航空機使用荷物に過敏なわけ

皆さんも遠隔地へ宅配便を送る場合に細かく聞かれたことや荷受拒否された経験があるのではないでしょうか。航空法という法律で定められていることなので運送会社ではどうにもならないのです。

航空機に載せる時には、エックス線等を使用して厳重に検査されます。この検査で危険物が見つかってしまった場合には、運送会社は航空法で処罰されます。最悪の場合、航空機使用の許可取消処分になります。何年か前にも○○運送さんが1か月の免許停止処分を受けていました。この処分の貰うと顧客多大なる迷惑が掛かるわけで、荷受も慎重になります。

あなたのまぁいいかが、何万人もの人の迷惑になるかもしれません。北海道-沖縄間の輸送を陸送のみで行ったら何日掛かるやら? クール品は腐りますね!

宅配便大手3社の一つが停止処分になったら、、、考えたくない!!

 

航空機で輸送が禁止されている物(航空法施行規則194条第1項)

危険物マーク種類主な物
火薬類火薬類花火・クラッカー・発煙筒
引火性ガス高圧ガスライター・ガスボンベ・引火性エアゾール・消火器
引火性液体引火性液体マニキュア・除光液・ペンキ類・接着剤・ライターオイル
可燃性物質類可燃性物質類マッチ・木炭(備長炭・沖縄パイン炭は除く)・固形燃料
酸化性物質類酸化性物質類漂白剤・オキシドール(濃度8%以上の物)・緊急酸素吸入器
毒物毒物類殺虫剤・消毒剤・農薬
放射性物質放射性物質等核燃料物質・核原料物質・放射性同位元素
腐食性物質腐食性物質バッテリー・塩酸・トイレ用等洗剤(濃度の高いアルカリ、塩酸・硫酸系)
その他の有害物質その他の有害物件ドライアイス(重量申告義務有)・ホルマリン・リチウム電池単体
拳銃銃砲刀剣類拳銃・刀剣(刃渡り15㎝以上)・飛出ナイフ

 

上記は一例です。商品説明に危険物マークが有ったらだめだと思います。

 

その他の注意点

リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器(スマホ・PC・シェーバー等)には措置が必要です。

  • 電源完全オフ(スリープモードNG)
  • 偶発的な作動や損傷を防止するための措置
    強固なスーツケースへの梱包、衣類等による保護

リチウム電池を使用した予備電池(モバイルバッテリー等)は受諾手荷物として貨物室に預けることはできません。

めんどくさいですよね。でもね、航空荷物は貨物専用機だけではなく、旅客機にも積載されます。ジャンボジェットって500人ぐらいの人が乗ってますよ。あなた、その人たちの命、補償で来ますか? あぁ~~コワ。

後は梱包資材の問題です。通販で購入した時に入手した段ボールや量販店で貰ってきた段ボールに、あなたの意識とは関係なく危険物シールが貼られていた、もしくは印字されていた場合は、即刻輸送禁止です。マジックで塗りつぶすなり、ガムテープで隠すなり、分からないようにする必要が有ります。

 

まとめ

法は利便性よりも人命を尊重します。運送会社はこれを建前に運用してます。

でも本音は停止処分になるのが怖いからです。当たり前ですがね!

宅配会社が航空機の利用が出来なくなれば離島に住んでる人たちに多大なる迷惑が掛かります。

危険だと思うものは引受運送会社に申告すればいいだけです。嘘さえつかなければ問題ないですからね。

危険なのは一部の化粧品類とリチウム電池の折扱いです。

全ては安全のために、最後までお読みいただきありがとうございます。

これ以外にも宅配便のことについて記事にさせていただいております。 時間があれば

飛脚ねこパックまでどうぞです。意味は佐川急便VSヤマト運輸VSゆうパックです。

 

宅配便3社 佐川・ヤマト・郵政の料金、サービスを比較してみました。
宅配3社徹底比較 宅急便、飛脚便、ゆうパック。似ているようで異なる商品。料金・サービス等微妙に違う事をまとめます。 皆さんで比較して、自分の使う運送業者を決める手助けになればいいなと思います。 大和運輸の運賃値上げ、追従して佐川急便が...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました