COOLCHOICE~不在再配達問題は地球温暖化問題です~

COOL CHOICE

COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン

~みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト~

 

 

「COOL CHOICE」とは、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。

意味は「賢い選択」です。主幹官庁は環境省です。

「クールビズ」って言葉をご存知な方も多いと思います。これもこの運動の一つです。

 

私、あなたに今できること、「いま選べること」

COOL CHOICE推進チームのもと、特に重点的に進める5分野の一つが「COOL CHOICE~できるだけ1回で受取りませんかキャンペーン~です。

もちろん宅配3社も協賛しております。その他多くの名の知れた大手企業がが協賛しております。

ご存知ですか、宅配便の再配達される割合が2割だという現実を。再配達により消費される労働力はドライバー9万人、労働時間にして1.8億時間です。これは10人のうち1人のドライバーは一日中再配達している計算になります。(それらを見込んでの今回の値上げですよね。3割になったら??)

その際に排出されるCO2は、山手線内側の面積2.5倍の杉材が年間で吸収する二酸化炭素量に匹敵するそうです。

近頃の天候不順は凄いですよね。その被害に遭われた方々、もしかするとあなた自身がその一助を担っていたかもしれません。

再配達になった理由

一番多いのが「荷物が届く事を知らない」で4割です。

これは個人間の荷物でしたら、例えば、、、、遠方の大学に通うために一人暮らししている子供に食料援助したい親はたくさんいらっしゃいます。でもね、これほとんど不在再配ですよ、ホントに困ってます。なぜなら来るのを知らないからです。配達側から言わせていただければ、学生捕まえるの本当に大変なんですよ。

出荷人と受取人で打ち合わせすればいいだけですよね。そのための配達日指定サービス、時間帯指定サービスです。苦笑いしかできないことは「留守なら不在表入れてくれるんでしょ、そうすれば連絡あるでしょ」、、、おいおい、、です。

また、再配達になった荷物の70%強が時間帯指定をせず、3/4の荷物は通販で自ら購入した商品です。

自分はもういい歳だから構わんが、子供の、、いや孫の時代には夏にはビッグウェーブ連発、冬には大雪、ドカ雪、全面凍結による輸送インフラの破綻。それらが自分達から子孫に残す負の遺産か、、、考えたくないよね、、でもね重要な環境問題です。!?

 

環境省のホームページから

宅配便の再配達は、環境負荷の増加や社会的損失を招いていることから、再配達削減に向けて新たな取り組みが必要となっています。 様々な社会経済活動、そして私たちの生活は、宅配便を含めた物流システムによって支えられ、成り立っています。 消費者(受取人)の皆様にもこうした社会的損失について、幅広く理解をしていただき、問題解決に参加していただくことが大変重要です。 このようなことから、環境省では、地球温暖化防止のための普及啓発を推進するための環境大臣をチーム長とした「COOL CHOICE推進チーム」の下で、「COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン~みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト~」を平成29年3月に立ち上げました。 キャンペーンでは、経済産業省及び国土交通省と連携しつつ、本キャンペーンに賛同頂いた関係者のご協力を得ながら、宅配便を利用される国民一人一人の皆様に、ご協力の呼びかけを広く行っていきます。

企業の取り組み、そしてあなたの取り組み

企業の取り組み

再配達を減らすためにいろいろなサービスを展開しています。以前からある時間帯指定サービスを労務・顧客満足度双方を踏まえて改変してきました。

さらに急速に発展してきたインターネット環境を利用して、スマホなどからも荷物追跡が可能になっています。システムの書き換えに多額の投資をしているはずです。そのシステムを使用しての「受取通知サービス」やWebでの24時間再配達申し込みも可能になっています。

それ以外にも受取改革として多様な受け取り方を提案しております。営業所に取りに行く事を事前に取り決めておくと減額されるサービスも始められました。また、あらかじめ指定されている所への配達、例えば「コンビニ受取」なども画期的だと思います。

新しいマンション棟では「宅配ロッカー」を設置しているところも増えましたね。

 

そしてあなたです

近頃配達先で「朝からずっと待ってたのよ、不在配達してもらうの悪いから」という言葉を多く聞くようになりました。

企業側から提示されているサービスを上手に利用してストレスない受取をいたしましょう。あなたがストレスなく受取れることが「できるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン」の成果への一番の近道だと思います。

 

 

by カエレバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました